Morikatron Engineer Blog

モリカトロン開発者ブログ

GeneralTalker APIを使ったLINE botの作り方

モリカトロンの宮本です。

弊社では、AIとの雑談を実現する GeneralTalker API を公開しています。
雑談を必要とする様々なシステムに組み込んで延々と無駄話を繰り広げていただくことが可能です。

前回はこのAPIを使った Twitterボットの作り方をご紹介しましたが、今回はLINEボットの作り方をご紹介します!

続きを読む

Slack APIの登録方法(2021年5月19日時点)

こんにちは、モリカトロンの山田です。

前回 GeneralTalker APIを使ったSlack botの作り方 - Morikatron Engineer Blog を書いたとき、Slack APIの登録がやけに面倒だったので、画像を交えながら、登録手順を丁寧に記録しておきます。 ※2021/05/19時点での情報です。

続きを読む

GeneralTalker APIを使ったSlack botの作り方

こんにちは、モリカトロンの山田です。

弊社では、AIとの雑談を実現するGeneralTalker APIを公開しています。
雑談を必要とする様々なシステムに組み込んで延々と無駄話を繰り広げていただくことが可能です。

今回はこのAPIを使ったSlack botの作り方をご紹介します。

続きを読む

GeneralTalker APIを使ったTwitter botの作り方

モリカトロンの宮本です。

弊社では、AIとの雑談を実現する GeneralTalker API を公開しています。
雑談を必要とする様々なシステムに組み込んで延々と無駄話を繰り広げていただくことが可能です。

今回はこのAPIを使ったTwitterボットの作り方をご紹介します。

続きを読む

PythonのGUIフレームワーク「Dear PyGui」の紹介

どうも、モリカトロン株式会社でエンジニアおじさんを営んでいる岡島です。

お仕事でプログラムを書いていると、ときどきGUIアプリケーションを作る必要が出てきてきます。 そういう場合今まではPythonのQtバインディングであるPyQtPySide(Qt for Python)を使っていたのですが、これらには

  • pip installとは別にQtのインストールが必要(インストールには割と時間がかかる)
  • 高機能で色々なことが出来る反面、覚えないといけないことが多い(すぐに忘れるので都度調べることになる)

という不満がありました。ちょっとしたGUIアプリケーションを作るなら、シンプルで簡単に使えるフレームワークが良い…
(Pythonに標準搭載されているtkinterもちょっと苦手です)

ということで今回は最近使い始めたGUIフレームワーク「Dear PyGui」を紹介します。

続きを読む

「toio SDK for Unity」v1.1.0の更新

はじめまして、モリカトロン株式会社・AIエンジニアの舒(ジョ)と申します。今年4月からモリカトロンに入社しました。大学と院生の専門は機械電子システムで、機械学習に触れたこともあります。

会社の皆と一緒に「toio SDK for Unity」一部の開発に参加して、いろいろな知識を学びました。 まず、「toio SDK for Unity」とは何かを紹介させていただきます。

  • 「toio SDK for Unity」
    • v1.0
  • v1.1
    • 1. 姿勢検出
    • 2. ダブルタップ検出
    • 3. モーター速度検出
    • 4. シェイク検出
    • 5. 目標指定付きモーター制御
    • 6. 加速度付きモーター制御
  • 検出できる状態のシミュレータ
  • 最後に
続きを読む

UE4.26 に新規追加されたUE4MLを試す

どうも、モリカトロン株式会社でプログラマおじさんを営んでいる岡島です。

先日正式リリースされた Unreal Engine 4.26.0 に UE4ML という機械学習関係っぽい名前のプラグインが追加されたという情報を見つけたので、早速試してみました。

UE4ML はブログ執筆現在、公開されたばかりの実験的機能です。
README.md には、まだこの仕組みを使ってトレーニングした例がない(見せられるものという意味だと思いますが…)と書かれている点をご留意ください。

  • UE4ML とは?
    • 対応プラットホームは現状Windowsのみ
  • サンプルを動かしてみる
    • Unreal Engine 4側の作業
    • Python 側の作業
    • 公式の手順
    • 実行エラーを回避して動作させる
  • 最後に
  • おまけ
続きを読む