Morikatron Engineer Blog

モリカトロン開発者ブログ

AnImator#1 ― AIと見るアニメ作画のスムーズさ

こんにちは、モリカトロンのAIエンジニア兼オタクの銭です。 皆さんは、アニメを見る時、視覚的に何か他のメディアあるいは欧米のアニメと異質なものを感じたことありませんか。色々あると思いますが、その中コアと考えられるパートーー「作画」について、AI…

3月のおやつ

ごきげんよろしゅうございます。モリカトロンの大里です。弊社はリモートワーク中のため、みんなでおやつを食べるのも休止しております。しょんぼり……。仕方がないので、しばらくの間は私が個人的に好きなおやつ、特に「個別包装じゃないから、会社のおやつ…

MacでUnity ML-Agents(v1.0)の環境構築

こんにちは、モリカトロンのAIエンジニアの本間です。 Unity ML-Agentsがついに1.0メジャーアップデートされましたね! という事で、この記事では環境構築した後にサンプルプロジェクトで学習します。 Unity ML-Agentsとは 検証環境 (必要なら)Unityをイン…

UnityとAx(Adaptive Experimentation Platform)の連携

はじめまして、モリカトロン・プログラマのはっとりです。 今日からブログを始めます。 初回はUnityとPythonのAx(Adaptive Experimentation Platform)を連携させてみた件について書こうと思います。 はじめに Axとは ベイズ最適化とは Axの超簡単なサンプル …

「緊急事態宣言」の時、家の中で家族又は友達と一緒にできるミニゲーム

皆さんこんにちは!マルタンです。このブログの記事を書いている時点で、「緊急事態宣言」は数日間にわたって全国的に実施されてきました。 ご存知のように、出かけ制限し、できるだけ家にいることが重要です。 しかし、いつまでも閉じ込められたままの深い…

【GiNZA】三点リーダーで文を区切らないようにする

こんにちは。モリカトロンのプログラマでラグビー好きの服部です。 最近は自然言語処理で GiNZA を利用しています。 基本的に処理も速く高機能でとても助かっているのですが、三点リーダー(…)の扱いですこし苦労しました。 その時の対応方法をご紹介したい…

リモートワークを導入してみて…(春)

こんにちは。モリカトロンの縁の下の力持ち不足担当の三宅です。 皆さん元気にリモートワークしてますか?モリカトロンも新型コロナウィルスの蔓延を見据え、2月末から急遽リモートワーク体制に移行しました。 元々リモートワークに際しての制度や機材がきち…

スクリーンショットから「あ」を消す方法

お疲れさまです、モリカトロンでプログラマおじさんをやってる岡島です。 皆さん、お仕事でパソコン使ってるとスクリーンショットを撮影する事は結構あるんじゃないでしょうか。 何か起きた時にチャットツールに画像をペタッと貼って質問……楽ちんですよね。 …

toio コア キューブの多台数制御にチャレンジ

こんにちは! モリカトロン株式会社チーフエンジニアの松原です。今日はウロチョロスでtoio コア キューブをできるだけたくさん制御してみよう、という我々のチャレンジを紹介いたします。 内容的には前回↓の続きとなっております。 ウロチョロス = toioの公…

ロケットストーブのススメ

こんな時間を楽しめるのもキャンプならでは! こんにちは。モリカトロンの三宅です。エンジニアブログの中で、相変わらず全く関係ない“お外の話”を書き散らかします! 前回、おすすめの焚火台を紹介しましたが、今回ご紹介するのは……これです!(何となくテ…

神様のゲーム#4

「ウイルスがいてこその進化」 生物の進化は、DNAの交配、突然変異、自然淘汰によるものだと書いた。 ところがこれだけでは、うまく進化が進まないことがわかっている。もっと長い時間をかければそれでも進化できるのかもしれないが、なんたって、地球の寿命…

【DQfD】人間のプレイを参考にして学習する強化学習アルゴリズムを実装してみる【後半】

はじめに Montezuma's Revengeについて 実装 学習の大枠 10ステップ分の状態遷移を保存 リプレイバッファの改造 Atariラッパーの追加 デモの作成 損失関数の導入 実験 結果 まとめ References はじめに こんにちは。モリカトロンでエンジニアをやっている竹…

2月のおやつ

皆さまいかがお過ごしでしょうか、モリカトロンの大里です。 ゆるふわ記事、今回は2月のおやつについて報告いたします。 ちなみにこの原稿を書いているのは3月下旬、公開されるのはおそらく4月になるので、2ヶ月前のお話になります。が、そのへんは常に気に…

神様のゲーム#3

「ウイルスは死ぬの?」 ウイルスは一般的に「生き物」と定義されない。なので、「ウイルスが死ぬ」という表現は科学的には間違いで、「不活性化する」くらいが正しい表現である。 ウイルスが生き物の仲間に入れてもらえないのは、自分で増えることができな…

ウロチョロス = toioの公開技術仕様 + Unity

こんにちは! モリカトロン株式会社チーフエンジニアの松原です。今日はソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)のロボットトイ「toio(トイオ)」と、その公開済み技術仕様を参考に弊社が開発したスマホアプリ「ウロチョロス」を紹介します…

冬アニメのレビュー

インタラクション こんにちは。モリカトロンのAIプランナー、マルタンです。 未来にAIは0から100までアニメが作れるようになるかもしれませんがこの時代はまだ数年後と思っています。現在はキャラ作り、リアル写真からスタイルに貼り付け、ボイスジェネレー…

toioコアキューブ達に「鬼ごっこ」させよう

こんにちは、モリカトロンのAIエンジニアの銭です。 前回の「ウロチョロスに用いた集団行動の制御手法」に続いて、「ウロチョロス」の遊びの一つ「鬼ごっこ」の手法について紹介して行きたいと思います。 toioコアキューブ達に「鬼ごっこ」させよう 「鬼ごっ…

神様のゲーム#2

「定義話は続くよ、どこまでも」 人間のDNAの塩基数は30億個(x2対)である。塩基3つで1つのアミノ酸を定義するとすると、単純計算で、30億÷3=10億個のアミノ酸が定義されている!となるが、実はそうではない。 残念なことに?DNAには、アミノ酸を定義し…

AI向けの数学オンラインコース(無料・英語)

こんにちは。モリカトロンのAIプランナー、マルタンです。 AI向けの仕事をする時に(特にプログラマー側)、数学が必要になります。ただ、仕事のためだけではなく、興味のある分野を理解する為の強力な基盤は、悪くないでしょう。 この記事で無料の数学オン…

Anaconda の NumPy が高速みたいなので試してみた

こんにちは、モリカトロンでプログラマおじさんをやってる岡島です。 pip install で導入した NumPy と conda install で導入した NumPy とでは内部で使われているライブラリが違い、後者の方が高速だという記事を見つけました。 orizuru.io minus9d.hatenab…

神様のゲーム#1

「神様のゲーム」モリカトロン株式会社の代表の森川です。かねてより、アートやゲームの世界で仕事をしているのは間違いであると自覚している森川です。実のところ、AIも少し違うかなと思ってます。AIじゃなく正確にはAL(人工生命 Aritificial Life)がきっと…

1月のおやつ・ごはん

皆さま、ごきげんいかがでしょうか。モリカトロンの大里です。食べ物系記事の2回目になります。この文章自体も1回目を書き終えたあとにデータが消え、2回目の書き始めです。 さて、今回から各月にいただいた食べ物をまとめて報告いたします。で、来年の年始…

Windows と Linux で Python 実行速度を比較してみた

こんにちは、モリカトロンでプログラマおじさんをやってる岡島です。 会社で購入した新しい ノートPC を Windows10 と Ubuntu Linux のデュアルブートにしたので、 かねてより気になっていた、OS の違いによる Python の速度比較をしてみました。 CPU や GPU…

ガイスターのプログラムを紹介します

こんにちは、モリカトロン株式会社チーフエンジニアの松原です。 今日は、モリカトロンがオープンソースとして公開しているガイスターのプログラムとその周辺情報を紹介します。この記事の対象読者はゲームAIに興味がある人、ボードゲームが好きな人、ガイス…

キャンプのススメ

こんにちは。モリカトロン株式会社でコミュニケーションマネージャーという耳慣れない立場で働いています三宅と申します。このエンジニア集団の中で、みながスムーズに研究や業務に没頭できるように、エンジニアリング以外のこまごまとした部分、契約や調整…

Python のプログラムを並列処理で高速化する

こんにちは、モリカトロンでプログラマおじさんをやってる岡島です。 Python でプログラムを書いていると高速に実行したくなることが多々あると思います。 でも、「とにかく実行速度を最速に!」みたいな人は最初から Python なんて使わないですよね。 とい…

【DQfD】人間のプレイを参考にして学習する強化学習アルゴリズムを実装してみる【前半】

はじめに 前提とする知識 DQfDとは 解説 デモンストレーションからのサンプル 損失関数の追加 事前学習 その他 まとめ 参考文献 はじめに こんにちは。モリカトロンでエンジニアをやっている竹内です。 ゲーム×AIと聞いてまず最初に思い浮かぶのは、やはり囲…

おやつの思い出2019

はじめまして、モリカトロン株式会社・AIコーディネーターの大里です。主にクライアントとの窓口や進行管理、諸々の雑務などを行っています。 本ブログは弊社の技術的なあれこれを投稿する場です。が、たまには柔らかい話もいいだろう、ということで、非エン…

(高速化の前に) Python のプログラムをプロファイリングして遅い処理を特定しよう

こんにちは、モリカトロンでプログラマおじさんをやってる岡島です。 Python でプログラムを書いていると高速に実行したくなることが多々あると思います。 でも、「とにかく実行速度を最速に!」みたいな人は最初から Python なんて使わないですよね。 とい…

ウロチョロスに用いた集団行動の制御手法

こんにちは、モリカトロンのAIエンジニアの銭です。 ロボットトイ toio(トイオ)をベースに、弊社が4台のトイオキューブを生き物っぽく動かせるアプリ「ウロチョロス」を開発しました。 その中に一つ大きな課題としては、どうやってキューブたちを互いに衝…